初めてでも、リピーターでも、ひとりでも楽しめる京都!魅力満載の京都を楽しむ!

京都でお土産にしたいシフォンケーキはパティスリーナチュールシロモトへ

2019/01/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 京都に住んでいるhanaostyleです。 京都は、初めての方でも、リピーターの方でも、お一人様でも、カップルでも、ファミリーでも、みんなが楽しめる魅力がいっぱいのまちです。 そんな京都のたくさんの魅力を、京都に来られる色々な方々に、少しでもお伝えできればいいな、そしてまた自分自身も京都の魅力をもっともっと知りたいと思い、記事を書いています。 このブログを読んで「役に立った」「読んで良かった」と言ってもらえるような内容にしていきたいなと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

京都の郊外にお洒落なケーキ屋さんを発見。

コストコ八幡店の近くにありました。

お店の名前は「Patisserie Nature Shiromoto(パティスリー・ナチュール・シロモト)」さんです。

雑誌で見て前から気になっていたお店です。

ひっきりなしに地元のファンが訪れるお店だそうで、地元だけでなく、全国からお取り寄せが相次ぐそうです。

うーん楽しみ♫

ケーキ屋さん?と思うくらい大きな建物で、結構…いやかなり広い(60台くらい)駐車場があります。

知らなければお洒落な事務所か何かかと思って素通りしてしまいそうです。いや本当に。

正直言ってケーキ屋さんには見えません。(くどい。笑)

 

アクセス

住所 京都府八幡市欽明台北4
電話番号 075-971-3300
営業時間 10:00~19:00 (カフェは11:00~)
休日 第3火曜日(祝日の場合は営業)

場所は京都府八幡市の欽明台という新興住宅地にあります。

近くにはコストコやホームセンター、エディオンなどお店もたくさんあり、便利そうなところですね。

買い物帰りにでもフラっと立ち寄れる場所にありますのでこれからコストコ帰りに何度も通うことになりそうです。笑

 

城本シェフ

城本シェフは全国的に有名な洋菓子ブランドの「アンリシャルパンティエ」で18年間修業し、ドイツへの留学を経てこのお店をオープンされたんだそうです。

駐車場には、小さな、でもお洒落なお庭があり、ドアが開いたりするので子どもは楽しそうに遊んでいました。(*´∀`*)

お店は二階建ての建物です。

中に入るとガラス張りの向こうの工房でパティシエさんがケーキを作っておられました。こういう見える感じ好きです。ワクワクします。

 

一階(ショップ、工房)

フォンケーキやバウムクーヘン、クッキー、マカロンなど持ち帰りやお土産に良さそうな商品がたくさん並んでいます。

紅茶なども扱っておられるようですね。

一番奥にはケーキの販売用のショーケースがあり、沢山の美味しそうなケーキが並んでいました。

人だかりができてたので全体がうまく撮れてなくてすいません。

価格帯はだいたい400円前後といったところでした。

 

二階(カフェ)

二階はカフェスペースとなっています。やはり人気店、数組並んでおられました(訪問時は、祝日の午後3時ごろ)

ランプがお洒落な印象です。

ソファ席とテーブル席が7つほどあり、1人がけ用のカウンター席もありました。

 

メニューは沢山あります。迷います。

散々悩んだ挙句、アップルパイ、葡萄のタルト、ブレンドコーヒーとハウスティーをセレクト。

アップルパイは連休前に販売が始まった商品で、カフェ併設の欽明台店で味わえる「カフェ限定」の皿盛りとのこと♪

他にもホールサイズ、カットサイズがあるそうです。

アップルパイは白いお皿の中央に上品に盛り付けられています。

上にはドンッ!とアイスクリームがのっています。

食べてみます♫

パイはサクサクです!

味は甘すぎない上品な甘さで、サクサクのパイとジューシーな、リンゴがとても美味しかったです。

また、添えられ(のせられ)ている少し溶けたアイスクリームと一緒に食べるとまた格別の美味しさでしたよー。

甘酸っぱいジューシなアップルパイは1日に用意できる数に限りがあるため、絶対欲しい人は予約(取り置き)がベターとのことです。

 

葡萄のタルトは一階のケーキコーナーで販売されていたもの。

300円以上の商品なら二階のカフェコーナーで食べることが出来ます。

それに加えて、なんとミニソフトクリームを添えてもらえます。

なんかちょっと嬉しい♫

こちらも甘すぎない上品なお味でした。

大粒の葡萄が3粒のっていましたよ。

 

メディア

こちらのお店「ごきげんライフスタイル よ~いドン!」や「やすとものどこいこ!?」などテレビにも何度か紹介されたようです。

 

期待してハードル上げていったのに期待を裏切らないお店でした。

次はカフェだけでなく、シフォンケーキやバウムクーヘンに挑戦します。

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 京都に住んでいるhanaostyleです。 京都は、初めての方でも、リピーターの方でも、お一人様でも、カップルでも、ファミリーでも、みんなが楽しめる魅力がいっぱいのまちです。 そんな京都のたくさんの魅力を、京都に来られる色々な方々に、少しでもお伝えできればいいな、そしてまた自分自身も京都の魅力をもっともっと知りたいと思い、記事を書いています。 このブログを読んで「役に立った」「読んで良かった」と言ってもらえるような内容にしていきたいなと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 京都の食•遊•観メディア , 2019 All Rights Reserved.