初めてでも、リピーターでも、ひとりでも楽しめる京都!魅力満載の京都を楽しむ!

京都名前のないラーメン店の混雑状況は?オシャレな雰囲気で味も美味しい

2019/01/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 京都に住んでいるhanaostyleです。 京都は、初めての方でも、リピーターの方でも、お一人様でも、カップルでも、ファミリーでも、みんなが楽しめる魅力がいっぱいのまちです。 そんな京都のたくさんの魅力を、京都に来られる色々な方々に、少しでもお伝えできればいいな、そしてまた自分自身も京都の魅力をもっともっと知りたいと思い、記事を書いています。 このブログを読んで「役に立った」「読んで良かった」と言ってもらえるような内容にしていきたいなと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

名前のないラーメン店。
木屋町御池から、木屋町通りを少し下がったところにあります。
この辺りでタルトで有名な「キルフェボン」というケーキ屋さんがありますが、その真横のビルの地下にあります。

アクセス

京都府京都市中京区恵美須町534-31 CEO木屋町ビルB1F

名前も看板もない!?

本当にお店の名前がないんです。

ホームページを見ると本来店名があるはずの欄に「(名前、看板はございません)」とあります。

もはや、ここでなんと紹介していいのかわかりません。笑

お店

お店に行ってみても、実際看板はもちろんありません。
知らなかったらここに入ることはできません。

本来テナント名が入るはずのところにもなにも書かれていませんでした。笑

→京都南区のらー麺や与アタウのカプチーノつけ麺の味は?駐車場や食べた感想は?

大人気のため大行列は覚悟すべし!

大人気、大行列のお店なんです。
訪問したのは土曜日の午後7時。

お店の前は大行列ができていました。

嬉しくない…(*´Д`*)

数えてみたら…22人(*´Д`*)

気長に待ちます。

店内はスタイリッシュ!

階段を下り、ようやくドアを開けて中に入ると、なんと中にも待合いの椅子が…

ということは…私の前に30人ほど並んでいたということになります。おそるべし!

結局席に着くまでに、およそ1時間かかりました。

ドアを開けた向こうはスタイリッシュな空間が広がっています。

ドアを開けて最初にびっくりするのは、植栽があることですね。

外から中に入ってきたのに、植栽がある!?

でもやっぱり緑はいいですね。

メニュー

こちらも券売機で事前に購入するスタイルです。

①最初に選ぶのは、らーめんか、つけ麺か、カレーつけ麺かを選びます。

今日は、らーめんにします。

②続いてスープを選びます。

濃さが選べます。

鶏ガラをじっくり煮込んだ「濃厚スープ」、鶏モモ肉のみから抽出した「淡麗スープ」、そして濃厚と淡麗をブレンドした「重層スープ」

スープの濃さは、濃い方から濃厚→重層→淡麗となります。

迷わず「濃厚スープ」を選びます。笑

③続いて具材と麺の量を選びます。

「もつ」、「チャーシュー」、「黒毛和牛」から選び、麺の量は「並」と「大盛り」があります。

「チャーシュー」大盛りにしました。

④最後に、トッピングやご飯物を選びます。

具材をチャーシューにしたので、ご飯物は「黒毛和牛丼(生卵つき)にしました。

カウンター席

こちらはカウンター席のみのお店です。12席あります。

席に着くと、机の上には何もなく、机には引き出しがあります。

開くと、紙ナプキンやお箸、そして味変用のスパイスが4種類入っています。

これは同系列店の「すがり」と同じスタイルですね。

スパイスは同じく「ガラムマサラ」「山椒」「一味」「胡椒」でした。

らーめんとどんぶり

らーめん

運ばれてきました。らーめん!

トッピングは、チャーシュー2枚 白髪ねぎ プチトマトです。

チャーシューとプチトマトは炙ってあり、香ばしさがプラスされています。

この炙りの工程いいですね。美味しいです。

スープは魚介系の濃厚スープです。

「濃厚」をチョイスしただけあり、程よく濃いです。

麺は「ごぼう麺」という自家製麺。

ごぼうが練りこまれています。

すがり同様蕎麦のような食感、のどごしでツルツルといけてしまう麺です。

黒毛和牛丼(生卵つき)


黒毛和牛、白髪ねぎ、卵黄。

魚介醤油をかけるとのことで醤油を渡されます。

黒毛和牛は柔らかくて美味しいです。

生卵は卵黄のみで、潰すと色も食感もすごく濃厚で美味しかったです。

ちなみにこちらは連れがオーダーした「もつ丼」。

系列店すがりの「もつ丼」とは少し違いますね。

ウォーターサーバーまでオシャレ!

お水はセルフサービスですが、注目はこちらのウォーターサーバー。

オシャレ家電ブランド「amadana」でした。

ちなみにトイレはドアをくぐりさらに地下へ。

もう一つ地下の地下二階にありました。

まとめ

●お店の名前は「看板のないらーめん屋」

本当に看板はないので、見逃し注意!

●店内はスタイリッシュ!

●らーめんはハイレベルな美味しさ

●人気店のため行列覚悟して!

(名前も看板もございません)

住所 京都市中京区恵美須町534-31 CEO木屋町ビルB1F
電話番号 ありません
営業時間 11:30〜15:00、18:00〜22:00、土曜日・日曜日・祝日は〜21:00
定休日 無休(12/31〜1/3は休業)
ウェブサイト http://www.takakura-nijo.jp/

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 京都に住んでいるhanaostyleです。 京都は、初めての方でも、リピーターの方でも、お一人様でも、カップルでも、ファミリーでも、みんなが楽しめる魅力がいっぱいのまちです。 そんな京都のたくさんの魅力を、京都に来られる色々な方々に、少しでもお伝えできればいいな、そしてまた自分自身も京都の魅力をもっともっと知りたいと思い、記事を書いています。 このブログを読んで「役に立った」「読んで良かった」と言ってもらえるような内容にしていきたいなと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 京都の食•遊•観メディア , 2018 All Rights Reserved.