初めてでも、リピーターでも、ひとりでも楽しめる京都!魅力満載の京都を楽しむ!

京都でオシャレな洋食屋「西洋酒樓六堀」はディナーやデートにおすすめ!

2019/02/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 京都に住んでいるhanaostyleです。 京都は、初めての方でも、リピーターの方でも、お一人様でも、カップルでも、ファミリーでも、みんなが楽しめる魅力がいっぱいのまちです。 そんな京都のたくさんの魅力を、京都に来られる色々な方々に、少しでもお伝えできればいいな、そしてまた自分自身も京都の魅力をもっともっと知りたいと思い、記事を書いています。 このブログを読んで「役に立った」「読んで良かった」と言ってもらえるような内容にしていきたいなと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

西洋酒樓 六堀さん。
京都市の西本願寺の斜め向かい、堀川通り沿いにあります。
旬の食材を大切にしながら、オムライスやエビフライなどポピュラーな洋食から、京都の食材を生かしたアラカルトメニューまで、ワインと洋食をゆったりとした雰囲気のなか楽しめるお店です。

 

アクセス

京都府京都市下京区堀川通六条下がる元日町5

地下鉄烏丸線「五条」駅 下車徒歩約10分

 

どんなお店?

ガラス張りで上品な家具や少し落とし気味の照明でまとめられた店内は高級感があり、落ち着いてゆっくりと食事を楽しめます。

1階と2階があり、1階は明るくカジュアルな雰囲気。
2階は少し照明を落とした、高級感のある落ち着いた印象です。
来られているお客さんの客層を見ていても、常連さんが多いように感じます。
若い人というよりも、ハイクラスな落ち着いた雰囲気の人がゆったりと食事を楽しんでいるようです。
特に2階は、ホテルのレストランのような雰囲気ですね。

→京都でインスタ映えするカフェROCCA&FRIENDS PAPIERのメニューなど

駐車場もあり

駐車場が9台分も用意されています。
なお、京都駅からタクシーで来たとしても1メーターの距離です。

 

Foodメニュー

定番のオムライスやエビフライ、チキン南蛮、生パスタなどを楽しむことができます。
また、鮮魚を使ったカルパッチョや地場野菜のバーニャカウダ、生ハム(ノワ・ド・ビゴール)などの前菜、一品系も充実しています。
定番のメニューですが、そこはやはり洋食の専門店。


素材を生かした料理はもちろんのこと、盛り付けの華やかさにも、上品さとセンスを感じます。

写真は、「黒豚 厚切りステーキ 生姜焼き仕立て

黒豚はぶ厚くカットされ、グリルで火を通した後、炭火で仕上げられます。

この炭火仕上げがいい味を引き出しています。

生姜焼き定食も、六堀さんの手にかかればこんなオシャレメニューになってしまいます。

 


特におすすめは、こちらのオムライス。

クラシックオムライスというもので、チキンライスを卵で巻くのではなく、チキンライスの上にオムレツがのっているものになります。
フワトロのオムレツを崩すと、デミグラスソース、チーズと絡まり、たまらない美味しさです。

→京都で食べたいオムライス!「ルフ」など美味しいお店を厳選して紹介します。


こちらの名物である「大人のお子様ランチ」「お子様ランチ」。

お子様ランチと言ってもあなどってはいけません。
洋食のミニコースといったものと考えていただいたらいいと思います。
すこしずつ、いろんなものを食べたい方には嬉しいメニューですよ。

 

ドリンクメニュー

洋食に合うワインを中心に、ビール、カクテル、日本酒などが取り揃えられています。

 

ケーキもたくさん

パティシエさんの作った色とりどりの美味しいケーキがたくさん。


食後にはコーヒーとともに食べたくなりますね。
クリスマスや、誕生日用のホールケーキも用意してくれます。

屋京都のチョコレート専門店CACAOMARKETの地下にはカフェ!?メニューや味の感想など

バーカウンターもあり

2階にはバーカウンターもあり、落ち着いた雰囲気の中ゆっくりとお酒をいただけます。

 

屋上ビアガーデンもあり

1日1組限定で、屋上のプライベートビアガーデンを楽しめます。
4~20名くらいまでで、飲み放題・税・サービス料込で1人6,500円~となっています。

まとめ

●西本願寺前の洋食屋さん「西洋酒え沈 六堀」では、定番の洋食を高級感のある店内で落ち着いて楽しめます。
●駐車場も9台あり。京都駅からタクシーでワンメーターとアクセスもgood。
●洋食だけでなく、ワインなどのお酒や、パティシエの作るケーキも数多く用意されている。

西洋酒樓 六堀
京都府京都市下京区堀川通六条下がる元日町5
電  話: 075-354-8117
営業時間: 11:30~22:30
定 休 日: 水曜日、第2・4木曜日

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 京都に住んでいるhanaostyleです。 京都は、初めての方でも、リピーターの方でも、お一人様でも、カップルでも、ファミリーでも、みんなが楽しめる魅力がいっぱいのまちです。 そんな京都のたくさんの魅力を、京都に来られる色々な方々に、少しでもお伝えできればいいな、そしてまた自分自身も京都の魅力をもっともっと知りたいと思い、記事を書いています。 このブログを読んで「役に立った」「読んで良かった」と言ってもらえるような内容にしていきたいなと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 京都の食•遊•観メディア , 2019 All Rights Reserved.