初めてでも、リピーターでも、ひとりでも楽しめる京都!魅力満載の京都を楽しむ!

京都おだしと小麦の一三〇はラーメンではない?駐車場もあって便利

2019/01/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 京都に住んでいるhanaostyleです。 京都は、初めての方でも、リピーターの方でも、お一人様でも、カップルでも、ファミリーでも、みんなが楽しめる魅力がいっぱいのまちです。 そんな京都のたくさんの魅力を、京都に来られる色々な方々に、少しでもお伝えできればいいな、そしてまた自分自身も京都の魅力をもっともっと知りたいと思い、記事を書いています。 このブログを読んで「役に立った」「読んで良かった」と言ってもらえるような内容にしていきたいなと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

おだしと小麦 一三〇(イサオ)さん。

カテゴリとしてラーメン屋に入れておりますが、こちらはラーメン屋さんではありません。
ラーメン屋ならぬ、「日本のダシを楽しむダシ屋」さんという強いこだわりを持っておられるようです。

 

アクセス

京都府京都市左京区一乗寺樋之口町27 コーポラス禅1階

叡山電車 「一乗寺」駅下車 徒歩約9分
バスでは「上終町京都造形芸大前」を下車すぐ
(市バス3・5・65・204系統)
(京都バス18・55系統)
または、「一乗寺木ノ本町」を下車すぐ
(市バス北8・5・65系統)
(京都バス18・55系統)

駐車場もあり

お店の入る「コーポラス禅」の駐車場に2台確保されています。

おだしと小麦 一三〇と書かれた青い看板が目印です。

 

どんな外観?

マンションの一階にあります。

隣にはカフェがあります。

お店の前には暖簾がかかり、壁には大きな木の板に「 おだしと 小麦 一三〇 」と書かれた看板があります。

お店の前には、待ち合い用?のベンチとオシャレな自転車があります。

ちなみに暖簾には小さな文字で「odashi & wheat」とありました。

つまり、お出汁と小麦ですね。

小さなところまでこだわってますね。

どんなお店?

お店に入ると、厨房を取り囲む形でカウンター席が配置されています。

その後ろには、待ち合い用の椅子が並べられています。

カウンター席は、11席。

待ち合い用の椅子は、5席ありました。

ちなみにお店の中にもオシャレ自転車が置いてあります。

店長さん、よほど好きなんでしょうか?

→京都でおすすめラーメン塩元帥!味の感想やメニュー、混雑状況など

そもそもラーメン屋じゃないって?

そうです。

こちらはラーメン屋ではなく、ダシ屋さんです。
なんでかって?

お店に入って、席に通されるとまず目に飛び込んでくるのがこのメニュー…ではなく、ただし書き。

先ずお読みください」とあります。

  • ラーメン屋ではないので、ラーメンが食べたい人はラーメン屋に行ってね。
  • 日本のダシを楽しんでもらうための、ダシ屋さんです。
  • ダシに唯一無二のそば粉を使った自家製麺を使っています。
  • ダシと麺だけのシンプルなお料理です。

最後まで読んで、納得したら(笑)、裏面のメニューへと進みます。

もちろん「ラーメン屋ではなく、ダシ屋さん」ということは承知の上で来ていますので、ほかのラーメン屋へはいきません。笑

 

「食べログ 百名店ラーメン」に選出!

「うまいもの、今食べるなら、このお店」のコンセプトで美味しいラーメン屋さんを選出している「食べログ 百名店ラーメンWEST2017、2018」に2年連続で選出されています。

京都では12店選出されている中の1店です。

選出されたこと、店主さんはどのように思われてるんでしょうねえ。笑

選出だからやっぱり嬉しいんでしょうか?

それともラーメンという分野なので複雑なんでしょうか?笑

→京都ラーメン麺屋極鶏は一乗寺の名店!混雑や行列も納得の味の感想は?

お茶とお水はセルフサービス

席に座るとコップとそれにお箸を入れて渡されます。

カウンター席の後ろに、冷たいお水と、暖かいお茶が用意されています。

セルフサービスとなっています。

 

こんだて(メニュー)

先ほどの「先ずお読みください」の裏にメニューがあります。

だし(あくまでも「だし」が主役なんですね)

鰆(さわら) 淡醤  1,000円

焼きあご 生醤  1,100円

鰹(カツオ) 塩  1,200円

 

ごはん

わさびめし  200円

まぐろめし  300円

炙り豚トロごはん  300円

白ごはん  100円

 

一品(昼のみ)

大原旬野菜  200円(10食限定)

だし巻きたまご  200円(6食限定)

→京都ホットドッグ専門オシャレカフェポシェはテイクアウトも?宿泊も可能

その他

メネギ  (だしでもごはんでもあう)  200円

なまたまご(わさびめし、まぐろめしのみ)  100円

 

だしは焼きあご、だし巻きたまご、炙り豚トロごはんをオーダーしました。

だし(焼きあご)

事前に知っていましたが、本当に具が入っていません

おだしと麺のみのシンプルなものです。

おだしのいい匂いが食欲をそそります。

すすってみると、焼きあごの香りが鼻を抜け、口いっぱいに優しい味が広がります。

スープの色は薄い茶色です。

メニューによると生醤とのことですので、生醤油でしょうか?

そういえば席の裏に、醤油がディスプレイされています。

一番右に生醤油とありますが、これを使っているのかな?(未確認です)

身体に優しい、あっさりとした味で予想どおり完飲しました。

麺は、平打ち麺です。

蕎麦粉を使った唯一無二の自家製麺だそうです。

ちなみに、壁に「江別製粉 ルルロッソ」の袋がディスプレイされていますがこれを使用されているのでしょうか?

ルルロッソといえば、日本の小麦粉の中で一番硬い品種ですよね。この麺のコシの強さはこの小麦粉によるものでしょうか?

とにかくコシがあって、おだしとよく絡んで美味しかったです。

 

だし巻きたまご

おだしの店と豪語するだけあって、だしまきはお手の物。

ふわふわと、柔らかいだし巻きはおだしが優しくきいていて美味しかったです。

 

炙り豚トロごはん

実はこれがめちゃくちゃ美味しかった!

ご飯の上に炙り豚トロが8キレのせられているのですが、すごくキレイに並べられています。

感動して色んなアングルから写真を撮りました。笑

炙られた豚トロは、すごくいい香り。

頬張ると柔らかな豚トロ、脂身は口の中でスッと溶けていきます。

なんて美味しいんでしょう!お代わりしたいくらいでした。

オシャレな器の裏には、東本願寺の文字がありました。

 

まとめ

●ラーメンではなくダシ屋さん

●こだわりのお出汁は、優しい、身体と心に染み渡るうまさ

●炙り豚トロごはんは是非食べてください

 

おだしと小麦 一三〇(イサオ)
京都府京都市左京区一乗寺樋之口町27 コーポラス禅1階
電話番号 : 非公開

営業時間 : 11:00~14:30、17:30〜19:30

(ただし、木、金、祝日、は昼営業のみ)売り切れ次第終了

定 休 日 : 月曜日(祝日は営業)たまに不定休があるそうです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 京都に住んでいるhanaostyleです。 京都は、初めての方でも、リピーターの方でも、お一人様でも、カップルでも、ファミリーでも、みんなが楽しめる魅力がいっぱいのまちです。 そんな京都のたくさんの魅力を、京都に来られる色々な方々に、少しでもお伝えできればいいな、そしてまた自分自身も京都の魅力をもっともっと知りたいと思い、記事を書いています。 このブログを読んで「役に立った」「読んで良かった」と言ってもらえるような内容にしていきたいなと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 京都の食•遊•観メディア , 2018 All Rights Reserved.