初めてでも、リピーターでも、ひとりでも楽しめる京都!魅力満載の京都を楽しむ!

京都ラーメン麺屋極鶏は一乗寺の名店!混雑や行列も納得の味の感想は?

2019/01/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 京都に住んでいるhanaostyleです。 京都は、初めての方でも、リピーターの方でも、お一人様でも、カップルでも、ファミリーでも、みんなが楽しめる魅力がいっぱいのまちです。 そんな京都のたくさんの魅力を、京都に来られる色々な方々に、少しでもお伝えできればいいな、そしてまた自分自身も京都の魅力をもっともっと知りたいと思い、記事を書いています。 このブログを読んで「役に立った」「読んで良かった」と言ってもらえるような内容にしていきたいなと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

京都一乗寺 麺屋 極鶏さん。

とにかくめちゃくちゃ濃厚なスープを武器に2011年のオープン以来、京都一乗寺のラーメン激戦区にあっても不動の人気を誇る超有名店です。

アクセス

京都府京都市左京区西閉川原町29-7

<電車を使う場合>
・叡山電鉄本線「一乗寺」駅より、徒歩5分
<バスを使う場合>
京都市バス31系統(東山通、1時間1本程度)で「一乗寺北大丸町」下車、東大路通りを北に向いて進むと左手にあります。

本数の多い系統なら、京都駅、清水下、祇園等から206系統を利用して「高野」にて下車して東大路通りを北に向かって10分ほど歩いてください。

 

駐車場は?

駐車場はありません。
すぐそばにコインパーキングがあります。

→京都亀岡のルイジアナママはランチもカフェもディナーも!テイクアウトも?

混雑状況は?

平日木曜日の午後5時ごろ訪問。
平日のまだ早い時間帯だったので、並ばず席に通されました。
ただ、お店は満席。
これ以降どんどん増えていくようです。
土日は大行列は覚悟する必要があります。
ただし、並んででも食べたい美味しいラーメンです。

 

どんなお店?

外観には、「麺屋 極鶏」の看板。そして暖簾には「鶏だく」の文字が。
中に入ると、赤っぽい色のクロスでまとめられた店内。
右側に厨房とその前にカウンター。

カウンター席は5席です。
奥には4人がけテーブル席が2卓あるようです。

 

券売機

入って左に券売機がありますので、食券を購入します。
麺類メニューは、

  • 鶏だく   超濃厚肉濁鶏白湯(ドロドロ新食感)
  • 赤だく   厳選唐辛子丼一面(クセになる辛さ)
  • 黒だく   自家製マー油(焦がしニンニク最高)
  • 魚だく   魚魚魚魚魚魚魚魚魚(さかな達…)

種類はありますが、基本はみな「鶏だく」。
あとはトッピングの違いという感じです。
ごはんものは、白ごはんと卵かけごはんがあります。
ちなみにごはんはお代わりできるようです。
このあたりは、学生が多い街なのでありがたいサービスですね。

関西の濃厚鶏白湯スープのパイオニア

その濃さは、もはや液体とは言えない!?

超!超!超!濃厚スープ

液体の上、流動体って感じでしょうか?

それとも半固形物?笑

同じコッテリ系で有名な天一と比べても、ひけをとらないドロドロスープ。
でも、色は白に近くクリーミーなポタージュスープのような印象です。
驚くほどスープはクリーミーで、くさみや雑味は取り除き、旨味だけを残してあるので、全然くどくないです。
塩味もきつくなく、どんどん食べ進められます。美味しいです。

 

スープの作り方はオーナーしか知らない。

鶏ガラだけでなく、大量の鶏肉をスープに入れて煮込むことで濃厚に仕上げられているんだとか。
このスープ、従業員でも誰もレシピを知らないそうです。

店長でさえも。

オーナー以外誰も知らない門外不出の唯一無二のラーメンスープです。
そもそもこのスープを作ろうとしたきっかけは、「どこにもないスープ」を作ろうと思ったから。
豚骨で濃厚スープはどこでもあるが、鶏ではない。
じゃあ鶏で勝負しよう!ということでこの味にたどり着いたんだとか。

 

ラーメンのトッピング

トッピングには、メンマ、チャーシュー、白髪ねぎ。
メンマ、チャーシュー、白髪ねぎのいずれもが、他店のラーメンのそれよりもインパクトのあるものを使用されています。

太めのメンマ二本は、醤油味で結構濃い目の味付けです。

箸休めというよりは、スープに負けない味のアクセントでしょう。

チャーシューは1枚のせられています。

こちらもスープに負けないように、ぶ厚めでインパクトあります。

脂身の少ないタイプで、スープと完全に同色です。

白髪ねぎの上には七味がふられています。

やはりあのスープに合わせるにはこれくらいのものでないと、スープに負けてしまうのでしょうね。

 

麺は京都の有名な製麺所である麺屋   棣鄂さんの中太麺。
インパクトのあるスープに負けないように、存在感のある特別仕様の麺だそうです。
スープによく絡み、もっちりとした食感で食べ応えがあります。

 

卵かけごはん

卵かけご飯は席に座るとすぐ運ばれてきました。
ごはんと別皿で生卵と、ネギ、チャーシューを細かくさいた物がのっています。
ごはんには、たまごを入れるたまごポケットがつけられています。親切ですね。
卓上にある卵かけごはん用の醤油をかけていただきます。

 

カップ麺も販売されている?

大手カップ麺メーカーの丸ちゃんから、麺屋極鶏監修のもと、「赤だく」のカップ麺も販売されているようです。
ちなみに店舗での販売はされていません。

 

まとめ

●濃厚鶏白湯スープのパイオニア
●京都ラーメン激戦区一乗寺の超人気店
●唯一無二のスープはオーナーしか知らない門外不出の味
●濃厚であるのに、くささやくどさは全然なく意外にもあっさり食べれるんです(スープの粘度からは想像できないですが笑)
●行列必至のお店ですが、並んででも食べたいクセになる味

 

 

京都一乗寺 麺屋 極鶏
京都府京都市左京区西閉川原町29-7
電話番号:075-711-3133
営業時間:11:30〜22:00
定休日:月曜日

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 京都に住んでいるhanaostyleです。 京都は、初めての方でも、リピーターの方でも、お一人様でも、カップルでも、ファミリーでも、みんなが楽しめる魅力がいっぱいのまちです。 そんな京都のたくさんの魅力を、京都に来られる色々な方々に、少しでもお伝えできればいいな、そしてまた自分自身も京都の魅力をもっともっと知りたいと思い、記事を書いています。 このブログを読んで「役に立った」「読んで良かった」と言ってもらえるような内容にしていきたいなと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 京都の食•遊•観メディア , 2018 All Rights Reserved.