初めてでも、リピーターでも、ひとりでも楽しめる京都!魅力満載の京都を楽しむ!

京都水族館はオオサンショウウオが見れる?近隣駐車場やイルカショーなどの見どころは

2019/02/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 京都に住んでいるhanaostyleです。 京都は、初めての方でも、リピーターの方でも、お一人様でも、カップルでも、ファミリーでも、みんなが楽しめる魅力がいっぱいのまちです。 そんな京都のたくさんの魅力を、京都に来られる色々な方々に、少しでもお伝えできればいいな、そしてまた自分自身も京都の魅力をもっともっと知りたいと思い、記事を書いています。 このブログを読んで「役に立った」「読んで良かった」と言ってもらえるような内容にしていきたいなと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

京都駅から徒歩15分ほどのところに京都水族館があります。

京都水族館は「梅小路公園」という公園内にある2012年3月に開業した水族館で、日本初の「人口海水利用型水族館」

人口海水利用とは、海水の組成を模して人工的に作り出した液体や、そのもととなる粉末、濃縮液のこと。

日本初!なんですね

そんな京都水族館には国の特別天然記念物オオサンショウウオや楽しいイルカショーなど見どころいっぱい。

駐車場選びにも困らないように、近隣の安いおすすめ駐車場などもご紹介します。

 

駐車場

京都水族館の周辺には、たくさんの駐車場があります。

平日は、付近に駐車料金に上限があるところがたくさんあるのでそんなに心配しないでも大丈夫でしょう。

問題は土日祝日。

上限がないところがほとんどなので、ゆっくり見て回ることができません。

そこで私のおススメはここ。

↓ ↓ ↓

「エコロパーク大宮八条第1」

土日祝日は上限がないところがほとんどですが、こちらの駐車場は、上限が800円とかなりリーズナブル。

しかも徒歩5分程度。

土日祝日は迷わずここに停めましょう。

 

1点だけ注意があります。

毎月21日だけは上限がなくなります。

この駐車場、京都水族館に近いだけでなく、東寺にもアクセス抜群(道路の向かいが東寺)のため、東寺の大縁日の開かれる毎月21日は上限が解除されてしまいます。

 

9月9日はオオサンショウウオの日?

こちらの水族館で見どころの一つが、オオサンショウウオ。

オオサンショウウオは、国の特別天然記念物にも指定されている世界最大級の両生類です。

ずんぐりとした体形、つぶらな瞳がキュートな水族館の人気者。

入場してすぐのところでお出迎えしてくれます。

ゆるキャラとして水族館内のお土産コーナーでも販売されており、一番大きな特大サイズは体長170センチ!価格はなんと25,720円!

…このサイズはなかなか見ませんが(笑)、お土産にオオサンショウウオのぬいぐるみを買って帰る人を京都駅でよく見かけます。

ちなみにオオサンショウウオの姿が数字の「9」に似ていることや、9月頃に繁殖のために活発になることから、「9月9日=オオサンショウウオの日」として「京都水族館」が申請して認定されたそうです。

そのため9月9日はオオサンショウウオの日のイベントが開催されるそうですよ。

 

京の海

京の海をまるごと再現したという人工海水約500トンの巨大水槽。

日本海で金樽イワシと呼ばれるマイワシの大群が群れをなして泳ぐ姿は雄大でずーっとみていられます。


他にも京料理では高級魚としてお馴染みのグジ(アマダイ)や水ダコ、京の夏の風物詩のハモなど様々な魚たちが優雅に泳いでいます。

でもグジの塩焼き大好きな私はどうしても

「おいしそー」と思って見てしまいます。笑

 

アザラシ

大きなチューブ状の水槽にゴマフアザラシがいます。

この水槽、床の下で別の水槽とつながっていて、自由自在に行ったり来たりできるそうです。

水槽を行ったり来たりする動きが見たかったけど、全然動かずぷか〜と浮いていました。

見ていると癒される…というよりねむくなります。笑

 

たくさんのペンギンが歩いています。

ヨチヨチ歩きが可愛すぎます(*´∀`*)  

 

ミズクラゲの大型水槽

幅4.5m、高さ2mの巨大水槽にミズクラゲが優雅に泳いでいます。

赤や青にライトアップされてミズクラゲはすごく綺麗です。

鮮やかな赤色と長い触手が特徴のアカクラゲや、きらきら光るカブトクラゲなど、京都の海で見ることができるクラゲの仲間が常時8~10種展示されています。

いや〜癒されますねホント

 

ぬまがさワタリさんのイラスト

館内には、生き物の図解で人気のイラストレーター・ぬまがさワタリさんのイラスト&解説がところどころにあります。

イラストも可愛いし、内容も面白い!

難しいものなら読まないけど、これなら興味を持って子どもたちも楽しみながら勉強してくれそう。笑  

カニはいつ見ても、どこで見ても、美味しそう…しか出てこない。笑

 

チンアナゴ・ニシキアナゴ

チンアナゴ、ニシキアナゴが砂の中からニョキニョキと顔を出しています。

 

イルカショー


京都水族館イルカスタジアムでは、劇場型イルカパフォーマンス「La・La・FinCIRCUS(ラ・ラ・フィン サーカス)」が開幕しています。

第1章から第4章まで予定されており現在は第1章が、2018年9月21日(金)まで開催されています。

宇宙を回って子供たちを楽しませるのが得意な4人組のスペースサーカス団が、イルカと友達になるために京都水族館を訪れたと言う設定で行われるショーで、イルカとトレーナーだけのショーではなく、それに芝居を交えた全く新しいエンターテイメントショーです。

実際に見た感想としては、イルカショーと言うよりもエンターテイメント性が重視と言う感じで、他のイルカショーで見てきたようなイルカイルカがピョンピョンジャンプしたり、集団でパフォーマンスをしたり、イルカとトレーナーが一緒に泳いだりとそういった迫力のあるステージではなく、イルカのショーは控えめに、お芝居がメインのステージに感じました。

 

お芝居がメインと言う視点で見れば結構楽しめると思いますが、通常のイルカショーを期待していくと若干拍子抜けすると思います。

まだ第1章ですので、これから行われる第2〜第4章ではもう少しイルカパフォーマンスがグレードアップすればいいなと思います。

 

WOW!金魚あそび

夏の風物詩である「金魚」。その金魚を新感覚の展示で、3つの体験を通して楽しむ「WOW!金魚あそび」が開催されています。 開催日2018年7月7日~9月2日

 

特別体験プログラム「夢金魚」

体験プログラムコーナーでは、自由な発想と想像で自分だけのオリジナル金魚の作成ができます。無料で参加できるので、小さなお子様連れの方にはおすすめです。


受付で枚数と金魚の種類を申し出ると、白い金魚型の紙がもらえます。(ちなみに子供だけでなく大人も参加できるそうです。)、テーブルに備え付けの、赤や黄色の紙を貼ったり、シールを貼ったりして、自分だけのオリジナル金魚を作成してください。

 

金魚が妖精のように泳ぐ「京都金魚伝説」

太古の京都の森と泉をイメージされた水槽は、全高約3メートル。流木や植物がダイナミックに飾り付けられており、ミストが吹き出たり、滝が流れたり、ライトアップされたりと、泳ぐコメット(尾びれが長く美しい金魚)と相まって、幻想的な空間となっています。

金魚うんちく!巨大な解説パネル

金魚すくいで有名な最もポピュラーな品種「わきん」は実は、金魚界に革命をもたらした金魚だった!や、金魚すくいの金魚も上手に飼えば10年生きる!など、面白い金魚うんちくが学べます。

天才的なギャグセンスとかわいいイラストで大人気のぬまがさワタリ氏の書下ろしだそうです。

他にも、デジタルの世界で金魚と遊ぶことができる「ちゃぷちゃぷ金魚」では、床に人の動きに合わせて金魚や水の波紋が変化する映像が投影されており、水の世界を体感することができます。

 


   

廊下の壁には魚のモチーフがありました。こういうちょっとしたことが可愛いですね。

是非行ってみてくださいね(#^.^#)

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 京都に住んでいるhanaostyleです。 京都は、初めての方でも、リピーターの方でも、お一人様でも、カップルでも、ファミリーでも、みんなが楽しめる魅力がいっぱいのまちです。 そんな京都のたくさんの魅力を、京都に来られる色々な方々に、少しでもお伝えできればいいな、そしてまた自分自身も京都の魅力をもっともっと知りたいと思い、記事を書いています。 このブログを読んで「役に立った」「読んで良かった」と言ってもらえるような内容にしていきたいなと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 京都の食•遊•観メディア , 2019 All Rights Reserved.