初めてでも、リピーターでも、ひとりでも楽しめる京都!魅力満載の京都を楽しむ!

京都嵐山で子ども喜ぶジオラマ京都ジャパンは日本最大の鉄道模型!

2019/01/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 京都に住んでいるhanaostyleです。 京都は、初めての方でも、リピーターの方でも、お一人様でも、カップルでも、ファミリーでも、みんなが楽しめる魅力がいっぱいのまちです。 そんな京都のたくさんの魅力を、京都に来られる色々な方々に、少しでもお伝えできればいいな、そしてまた自分自身も京都の魅力をもっともっと知りたいと思い、記事を書いています。 このブログを読んで「役に立った」「読んで良かった」と言ってもらえるような内容にしていきたいなと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

京都の嵯峨嵐山に来られた際、お子様が喜ぶ施設があります。

ジオラマ京都ジャパンという日本最大級の鉄道ジオラマです。

極めて精巧に作られた京都の神社仏閣などの史跡や街並みの模型の上を鉄道やバスなどが走り、子どもだけでなく大人も楽しめる人気スポットです。

 

アクセス

場所はトロッコ嵯峨駅館内にあります。トロッコ嵯峨嵐山駅の一番奥になります。

トロッコ列車を利用されない方は、JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅を降りてすぐのところにあります。(南側にでて右側。大きなSLがあるのですぐに分かります。)

 

SL ROMAN CAFE

ジオラマ京都ジャパンは、有料ですが、トロッコ嵯峨嵐山駅の中には、無料で楽しめる場所がたくさんあります。

SL ROMAN CAFEもその一つなんです。

CAFEスペースになっており、自由に入ることができます。

いきなり目に飛び込むのは奇妙な人形。

なんだこれは・・・?

「人車鉄道」なるものの模型だそうです。

なんでも明治の中期には、人が自ら動力となって車両を押す、人車鉄道なるものが存在し、庶民の足として人気を呼んだそうです。

しかしながら、押し寄せるモータリゼーションの波には勝てず、約60年ほどでその活躍を終えたそうです。

しかし、夏目漱石も乗り、芥川龍之介も作品の中で描いたりと、そのころには主流の乗り物だったのですね。

私には「なんて過酷な乗り物なんだ!」としか思えないですが・・・笑

 

奥にはSLが3台も展示されており迫力満点です。

 

おみやげコーナーやラーメン屋さんの奥にお目当てのジオラマ館があります。

こちらがジオラマ京都ジャパンの入り口になります。

受付で入場料を払い、入館します。

 

ジオラマ京都ジャパン

いよいよ、おめあてのジオラマ館です。

縦12.3m✕横17.3m、地下の留置線を含めると総面積は285.15㎡、路線の長さは2.7キロという日本最大級の鉄道ジオラマです。

京都の神社仏閣などの史跡や街並みが精巧に再現され、ちょっとした旅行気分が味わえます。

なんと五山の送り火も一気に見れてしまうのです。笑

その中を走る様々な種類の鉄道模型は、本物の列車運転席と同じマスターコントローラーによって操ることができます。

 

自動車ショー

街中に白い煙があがる演出があります。

「自動車ショー」という演出で、消防車が駆けつけ消火活動を行います。

見ていてなかなか面白いです。

 

天体ショー

毎時30分に行われる天体ショーでは、10分間、夜空に星座がきらめき、京都の街には明かりがともり、夜の京都の町を走る列車の室内照明と相まって、幻想的な雰囲気を醸し出します。

ロマンチックでいいですね。

 

運転席から運転できる!

ジオラマ館の一番奥に運転席があります。

れは、実際に走っていたブルートレインや貨物輸送車「EF66形電気機関車」の車両で、その運転席から鉄道模型車輌(HO)を運転できるそうです。

私が訪れた際は予約制ということでチェーンがしめられていました。残念。

運転席が、ジオラマに向かって設置されており、ジオラマよりも高い位置にあるので一望して見下ろすことができます。

お子様は貸出してもらえる制帽をかぶることができます。

この時点でうちの子なら鼻の下が伸びて嬉しそうな顔をすると思いますが、この運転体験はこれだけではありません。

ジオラマ内を走る「特急はやぶさ」につけられた小型カメラの映像を見ながら模型車輌(HO)を走らせることができるんです!すごいですね。

実際に走行する映像を見て、運転士さんの帽子をかぶせてもらったら、子どもはさぞかし楽しいでしょうね。喜んでくれること間違いなしです。

運転体験料金は15分間で1,000円になります。

※予約制になりますのでご注意ください。

 

自分の車両を走行させることができる!

自分のHOゲージ車両を走行させることができます。

鉄道模型愛好家なら、こんな広大なジオラマで走らせるというのは、ちょっと・・・いやかなり嬉しいのではないですか?(私は持ってないので分かりませんが。笑)

ご利用の際は予約もできるそうですよ。

せっかく来たのに予約でいっぱいですなんて悲しすぎます。事前に予約してから行きましょう。

個人利用はもちろん、グループやオフ会なんかでの利用も楽しそうですね。

もちろんコントローラーは電車タイプの本物運転台仕様となっています。

 

まとめ

●トロッコ嵯峨駅の館内にあり、JR嵯峨嵐山駅からも降りてすぐというアクセスのよいところにある

●路線の長さは2.7キロと日本最大級の鉄道ジオラマ

●自動車ショーや天体ショーなどのイベントも定期的に開催される

●自分の車両を運転させることができる

 

ジオラマ京都ジャパン
トロッコ嵯峨駅館内
営業時間

9:00~17:30(最終受付17:00)
※臨時列車運行時 9:00~18:00(最終受付 17:30)

入場料 大人500円 子供300円(トロッコ列車利用の場合は100円というサービスがあります。)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。 京都に住んでいるhanaostyleです。 京都は、初めての方でも、リピーターの方でも、お一人様でも、カップルでも、ファミリーでも、みんなが楽しめる魅力がいっぱいのまちです。 そんな京都のたくさんの魅力を、京都に来られる色々な方々に、少しでもお伝えできればいいな、そしてまた自分自身も京都の魅力をもっともっと知りたいと思い、記事を書いています。 このブログを読んで「役に立った」「読んで良かった」と言ってもらえるような内容にしていきたいなと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 京都の食•遊•観メディア , 2019 All Rights Reserved.